子供でも飲みやすい青汁とは?

子供向けの飲みやすい青汁をランキングしました。

 

毎日ゴクゴク飲んで元気いっぱいの子に育って!

 

子どもの青汁は飲みやすさと栄養価で大麦若葉がおすすめ!

野菜のビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養素を手軽に補えるのが青汁ですが、青汁は毎日続けてこそ健康に役立ちます。

 

子どもは野菜の青臭さが苦手だったり、苦みのあるものが嫌いだったりしますから、青汁も飲みやすいものを選ぶという点が大事ですよね。

 

青汁を飲む子供

 

最近では子供向けのジュース感覚で飲める青汁が増えてきていますから、そのようなタイプのものならきっとお子さんも喜んで飲んでくれることと思います。

 

でも、せっかく続けていくなら、なるべく栄養価が高くて子どもの成長に大きく役立つようなものを選びたいですよね。

 

そこで栄養価が高くて飲みやすい青汁の基準として、主原料に大麦若葉を使っているものから選ぶことをお勧めします。

 

青汁の主原料としてはケールや明日葉などの植物も利用されますが、最も栄養価が高くて飲みやすいのが、大麦若葉を使った青汁なのです。

 

この大麦若葉に他の野菜やフルーツをブレンドして飲みやすくしたタイプの青汁が、現在の子ども用青汁の主流となっているようです。

 

また免疫力のカギである腸内環境を整えるのに役立つよう乳酸菌の配合された青汁も増えてきているようです。

 

飲みやすくて、栄養価が高くて、その上にコスパも良ければ言うことなしですよね。

 

そのような条件を満たすオススメの青汁を以下にご紹介します。

 

子どもの飲みやすい青汁ランキング

子どもがゴクゴク飲める青汁で、大麦若葉を主原料とした製品をランキングしましたのでご参考にしてください

 

子どもが飲みやすい青汁1位 子どもバナナ青汁

子どもが飲みやすい青汁1位 子どもバナナ青汁の特徴

子どもバナナ青汁の特徴は、
・国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類を配合
・ 50種類以上の栄養素を含むスーパーフードのスピルリナを配合
・ヨーグルト15個分の乳酸菌とビフィズス菌も配合
・飲みやすいバナナ味で牛乳を入れるとバナナオレに
・ミネラル豊富な黒糖を使用
・3万本の販売実績あり
・60日間の返金保証つき
・保存料、人工甘味料不使用
・ISO9001認定工場で製造

 

という感じです。

価格 容量 評価
?定期初回980円 1箱30包 青汁,子供,飲みやすい
原材料
大麦若葉末、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、黒糖粉末、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、乳酸菌末(デキストリン、殺菌乳酸菌体)、スピルリナ粉末、明日葉末、果汁混合粉末(デキストリン、リンゴ果汁、グレープフルーツ果汁、パイナップル果汁、マスカット果汁、ピーチ果汁)、ケール末、ブロッコリー末、カボチャ末、チンゲン菜末、パセリ末、ニンジン末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト粉末、香料、乳酸菌、乳化剤【アレルギー表示】乳、バナナ、リンゴ、もも
備考
定期コース2回目以降は3,700円。最低2回の継続が条件。
子どもが飲みやすい青汁1位 子どもバナナ青汁の総評

注目できるのは原材料にスピルリナを使用している点です。スーパーフードとしても知られているスピルリナは、その栄養バランスの高さと吸収の良さでWHO(世界保健機関)でも紹介されるほど話題の成分です。

 

栄養価だけでなく、バナナ味で子どもでも飲みやすく作られている点やお試ししやすい価格設定なのもポイントが高いですね。

 

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】こちら

 

子どもが飲みやすい青汁2位 グリーンミルク

子どもが飲みやすい青汁2位 グリーンミルクの特徴 

グリーンミルクの特徴は、
・土づくりからこだわった有機栽培の大麦若葉使用(九州産)
・1杯で650mg(牛乳3本分)のカルシウム
・脳と神経の発達に欠かせないDHA、EPAを配合
・58種類の野菜発酵酵素と食物繊維
・専用シェイカープレゼント(定期コース)
・保育園でも採用されている安心品質

 

という感じです。

価格 容量 評価
定期コース4,200円 150g(5g×30包)) 青汁,子供,飲みやすい
原材料
?還元麦芽糖、有機大麦若葉末、クリーミングパウダー、DHA・EPA含有精製魚油、ミルクカルシウム、抹茶粉末、難消化性デキストリン、植物発酵エキス末、卵殻カルシウム、ステビア(甘味料)、ビタミンC(原料の一部に乳・卵・りんご・山芋を含む)【アレルギー表示】卵・乳・やまいも・りんご
備考

 

子どもが飲みやすい青汁2位 グリーンミルクの総評

グリーンミルクは、とにかくカルシウムの含有量が高いのが特徴です。カルシウムは子供の心身の成長に欠かせない栄養素ですから、日ごろの生活で牛乳を飲まないなどカルシウムが不足しがちなお子さんには向いています。

 

またDHA・EPAも配合されていますが、これも子どもの脳や神経の発達に大切な成分です。DHAは青魚に多く含まれますが、やはり魚をあまり食べないという子どもさんにはこの青汁が役立つでしょう。

 

実際に幾つもの教育機関で利用されている製品ですから安心して続けられます。

 

グリーンミルクについて詳しくはこちら

 

子どもが飲みやすい青汁3位 こどもフルーツ青汁

子どもが飲みやすい青汁3位 こどもフルーツ青汁の特色

 

こどもフルーツ青汁の特徴は、
・大麦若葉使用(九州産)
・14種の野菜と4種のフルーツ使用
・乳酸菌入り
・保存料、着色料無添加
・カルシウムが1杯140mg
・1日50mlの少量でOK
・GMP認証工場で製造
・1ヶ月間の返金保証付き
・専用シェーカープレゼント(定期コース)

 

という感じです。

価格 容量 評価
8,208円(税込) ?120g(4g×30本)×2箱 青汁,子供,飲みやすい
原材料
?大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)【アレルギー情報】バナナ、乳、りんご
備考
?2箱(約2ヶ月分)セットなので価格がお高めになっています。今だけ無料サンプルプレゼント中。
子どもが飲みやすい青汁3位 こどもフルーツ青汁の総評

4種のフルーツを使用して飲みやすい工夫がなされているのが特徴です。カルシウムと乳酸菌が配合されており、バランスの良い構成となっています。

 

無料サンプルでお試しできるので、子どもが喜んで飲んでくれるかどうか実際に確かめられるのはうれしいですね。

 

こどもフルーツ青汁の詳しくはこちら

 

子供の青汁で飲みやすさに加えて大切なこと

 

子どものための青汁を選ぶ際は、やはり「飲みやすさ」という点は外せないポイントですね。

 

でも、それ以外にもチェックしておきたいポイントが幾つかありますのでまとめてみます。

 

安全性をチェック!

疑問を持つ母親

 

子どもは大人と比べて解毒能力が未熟ですから、有害物質や化学物質による影響も受けやすい特徴があります。

 

実は健康のために飲む青汁の中にも、心配な食品添加物が使われているものが多くあります。

 

子どもの健康のために毎日飲ませているはずが、逆に身体に悪影響を与えるとしたら残念ですよね。

 

例えば、青汁でよく利用される食品添加物のひとつに人工甘味料があります。

 

人工甘味料はカロリーゼロの清涼飲料水などにもよく利用され、砂糖が使われていないのに甘さが感じられるということで人気のようです。

 

しかし、人工甘味料として利用されているアスパルテーム・スクラロース・アセスルファムKなどはいずれも専門家によって有害性があるとの注意が喚起されています。

 

例えば、アスパルテームに関しては1990年代後半に複数の研究者によって脳腫瘍と関係があるとの指摘がなされてきました。

 

妊娠中に摂取すると、胎児の脳の正常な発達にダメージを与えるとも言われています。

 

また保存料としては、安息香酸Naというものが使用されますが、これはビタミンCと化学反応を起こして発がん物質のベンゼンに変化します。

 

青汁には、たいてい野菜や果物のビタミンCが含まれますから、この保存料の問題は無視できないところです。

 

このように心配な食品添加物はいろいろとありますから、しっかりと原材料表を確認しておきたいところです。

 

また食品アレルギーのあるお子様の場合は、アレルギー表示もきちんとチェックしておきましょう。

 

この記事内でご案内している青汁に関しては、心配な食品添加物は不使用のものばかりですから、その点は安心できます。

 

試しやすさをチェック!

喜ぶ子供たち

 

フルーツ味などで飲みやすそうな青汁であっても、子どもの好みは難しいものです。

 

例えば兄妹でも、上のお兄ちゃんはゴクゴク美味しく飲めたのに、下の妹は口に合わなかったということもあります。

 

ですから、実際に飲んでみるまでは子どもの口に合うかどうかはわからないところがあります。

 

意外と「甘いのは飲みたくない」ということで、少し苦みのある野菜だけの青汁を好むことだってあります。

 

それで、試しやすいかどうかというのは結構大事なポイントです。

 

基本的に定期購入で注文するとお得に始められますが、子どもに合わない時になかなか解約できないと無駄にお金を払い続けることになってしまいます。

 

それで試しやすい青汁の理想の条件としては、

  • 初回の価格が安い
  • 返金保証がある
  • 解約の条件がゆるい

といったところになります。

 

この点もチェックしておきましょう。

 

青汁が子供に与える効果について

 

近年、多くの子供たちが厚生労働省が推奨する野菜の一日の摂取量350gを満たすことが出来ていないと言われています。

 

そこで、青汁を習慣にして健康的な体をつくりましょう。

 

青汁には子供の成長に必要なビタミンとミネラルがいっぱい!

横断歩道を渡る子供たち

 

成長盛りの子供は新陳代謝が盛んです。

 

その為、主食であるご米や小麦などの糖質は活動するために不可欠です。魚や肉などのタンパク質も体を作るために必要です。

 

しかし、ビタミンとミネラルが不足していると糖分とタンパク質上手く活用することが出来ません。

 

野菜の中には多くのビタミンやミネラルが含まれていて、糖分やタンパク質を活動エネルギーに置き換える役割を果たしています。

 

野菜不足の子供は、疲れやすく丈夫な体を作れないことになります。

 

野菜不足は、若い時に不都合がでなくても後々体調を崩すことになりかねません。

 

厚生労働省の発表によれば、成長期の子供の野菜摂取量の平均は、どの年齢でも1日の野菜の推奨量350gに届いていない調査結果が出ています。

 

ですが、実際に一日350gの野菜を毎日続けて食べるのは、至難の業です。また、野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるのも大変です。

 

そこで簡単にビタミン、ミネラルが摂取できる青汁を取り入れることをお勧めします。

 

病気になりにくく賢い子供になれる

元気よく歌う女の子

 

野菜には糖類やタンパク質をエネルギーに置き換えるだけではなく、免疫力も上げてくれます。

 

野菜に入っている食物繊維が、毎日の便通を改善しながら腸内の善玉菌も増やします。

 

青汁を飲むことで、免疫細胞も活性化して免疫力も高めることが出来るのです。

 

免疫細胞全体のなんと約6割が腸内に集中していて、侵入する敵と戦っています。

 

ゆえに、腸内環境を整えることがどれだけ大切なのか分かりますね。

 

さらに青汁は、身体の中のDHAやEPAを増加させる効果があります。

 

DHAやEPAは脳内の情報伝達を活性化するために頭が良くなる栄養素と言われています。

 

このように、元気で勉強も出来る子供に育ってほしい方は是非、青汁生活を習慣にしてあげてください。

 

私の一番のおすすめは子どもバナナ青汁!

ママのおすすめ

 

ここまで3つの子どもが飲める青汁をご紹介してきましたが、やはり私の一番のおすすめは子どもバナナ青汁です。
青汁は飲み続けることで子どもの健康をサポートしてくれますから、続けるためには飲みやすさ・栄養価・コスパ・安全性などがポイントになりますよね。

 

子どもバナナ青汁は、主原料の大麦若葉だけでなく、スーパーフードのスピルリナを使用し、乳酸菌・ビフィズス菌も配合されていますから、お子さんの栄養面をしっかりサポートしてくれます。

 

それだけでなく、定期コースなら初回980円、その後も1回(30包)3,700円と比較的低コストで続けられるのもうれしいですね。

 

安全面でも、品質管理のいきとどいた国内工場で製造され、人工甘味料・保存料不使用ということですから安心できます。

 

以上のような理由から総合的にみて一番のおすすめを子どもバナナ青汁にしました。

 

子どもバナナ青汁の詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓
野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】こちら