子供でも飲みやすい青汁とは?

子供向けの飲みやすい青汁をランキングしました。

 

毎日ゴクゴク飲んで元気いっぱいの子に育って!

 

子どもの青汁は飲みやすさと栄養価で大麦若葉がおすすめ!

野菜のビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養素を手軽に補えるのが青汁ですが、青汁は毎日続けてこそ健康に役立ちます。

 

子どもは野菜の青臭さが苦手だったり、苦みのあるものが嫌いだったりしますから、青汁も飲みやすいものを選ぶという点が大事ですよね。

 

青汁を飲む子供

 

最近では子供向けのジュース感覚で飲める青汁が増えてきていますから、そのようなタイプのものならきっとお子さんも喜んで飲んでくれることと思います。

 

でも、せっかく続けていくなら、なるべく栄養価が高くて子どもの成長に大きく役立つようなものを選びたいですよね。

 

そこで栄養価が高くて飲みやすい青汁の基準として、主原料に大麦若葉を使っているものから選ぶことをお勧めします。

 

青汁の主原料としてはケールや明日葉などの植物も利用されますが、最も栄養価が高くて飲みやすいのが、大麦若葉を使った青汁なのです。

 

この大麦若葉に他の野菜やフルーツをブレンドして飲みやすくしたタイプの青汁が、現在の子ども用青汁の主流となっているようです。

 

また免疫力のカギである腸内環境を整えるのに役立つよう乳酸菌の配合された青汁も増えてきているようです。

 

飲みやすくて、栄養価が高くて、その上にコスパも良ければ言うことなしですよね。

 

そのような条件を満たすオススメの青汁を以下にご紹介します。

 

子どもの飲みやすい青汁ランキング

子どもがゴクゴク飲める青汁で、大麦若葉を主原料とした製品をランキングしましたのでご参考にしてください

 

子どもが飲みやすい青汁1位 子どもバナナ青汁

子どもが飲みやすい青汁1位 子どもバナナ青汁の特徴

子どもバナナ青汁の特徴は、
・国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類を配合
・ 50種類以上の栄養素を含むスーパーフードのスピルリナを配合
・ヨーグルト15個分の乳酸菌とビフィズス菌も配合
・飲みやすいバナナ味で牛乳を入れるとバナナオレに
・ミネラル豊富な黒糖を使用
・3万本の販売実績あり
・60日間の返金保証つき
・保存料、人工甘味料不使用
・ISO9001認定工場で製造

 

という感じです。

価格 容量 評価
?定期初回980円 1箱30包 青汁,子供,飲みやすい
原材料
大麦若葉末、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、黒糖粉末、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、乳酸菌末(デキストリン、殺菌乳酸菌体)、スピルリナ粉末、明日葉末、果汁混合粉末(デキストリン、リンゴ果汁、グレープフルーツ果汁、パイナップル果汁、マスカット果汁、ピーチ果汁)、ケール末、ブロッコリー末、カボチャ末、チンゲン菜末、パセリ末、ニンジン末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト粉末、香料、乳酸菌、乳化剤【アレルギー表示】乳、バナナ、リンゴ、もも
備考
定期コース2回目以降は3,700円。最低2回の継続が条件。
子どもが飲みやすい青汁1位 子どもバナナ青汁の総評

注目できるのは原材料にスピルリナを使用している点です。スーパーフードとしても知られているスピルリナは、その栄養バランスの高さと吸収の良さでWHO(世界保健機関)でも紹介されるほど話題の成分です。

 

栄養価だけでなく、バナナ味で子どもでも飲みやすく作られている点やお試ししやすい価格設定なのもポイントが高いですね。

 

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】こちら

 

子どもが飲みやすい青汁2位 グリーンミルク

子どもが飲みやすい青汁2位 グリーンミルクの特徴 

グリーンミルクの特徴は、
・土づくりからこだわった有機栽培の大麦若葉使用(九州産)
・1杯で650mg(牛乳3本分)のカルシウム
・脳と神経の発達に欠かせないDHA、EPAを配合
・58種類の野菜発酵酵素と食物繊維
・専用シェイカープレゼント(定期コース)
・保育園でも採用されている安心品質

 

という感じです。

価格 容量 評価
定期コース4,200円 150g(5g×30包)) 青汁,子供,飲みやすい
原材料
?還元麦芽糖、有機大麦若葉末、クリーミングパウダー、DHA・EPA含有精製魚油、ミルクカルシウム、抹茶粉末、難消化性デキストリン、植物発酵エキス末、卵殻カルシウム、ステビア(甘味料)、ビタミンC(原料の一部に乳・卵・りんご・山芋を含む)【アレルギー表示】卵・乳・やまいも・りんご
備考

 

子どもが飲みやすい青汁2位 グリーンミルクの総評

グリーンミルクは、とにかくカルシウムの含有量が高いのが特徴です。カルシウムは子供の心身の成長に欠かせない栄養素ですから、日ごろの生活で牛乳を飲まないなどカルシウムが不足しがちなお子さんには向いています。

 

またDHA・EPAも配合されていますが、これも子どもの脳や神経の発達に大切な成分です。DHAは青魚に多く含まれますが、やはり魚をあまり食べないという子どもさんにはこの青汁が役立つでしょう。

 

実際に幾つもの教育機関で利用されている製品ですから安心して続けられます。

 

グリーンミルクについて詳しくはこちら

 

子どもが飲みやすい青汁3位 こどもフルーツ青汁

子どもが飲みやすい青汁3位 こどもフルーツ青汁の特色

 

こどもフルーツ青汁の特徴は、
・大麦若葉使用(九州産)
・14種の野菜と4種のフルーツ使用
・乳酸菌入り
・保存料、着色料無添加
・カルシウムが1杯140mg
・1日50mlの少量でOK
・GMP認証工場で製造
・1ヶ月間の返金保証付き
・専用シェーカープレゼント(定期コース)

 

という感じです。

価格 容量 評価
8,208円(税込) ?120g(4g×30本)×2箱 青汁,子供,飲みやすい
原材料
?大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)【アレルギー情報】バナナ、乳、りんご
備考
?2箱(約2ヶ月分)セットなので価格がお高めになっています。今だけ無料サンプルプレゼント中。
子どもが飲みやすい青汁3位 こどもフルーツ青汁の総評

4種のフルーツを使用して飲みやすい工夫がなされているのが特徴です。カルシウムと乳酸菌が配合されており、バランスの良い構成となっています。

 

無料サンプルでお試しできるので、子どもが喜んで飲んでくれるかどうか実際に確かめられるのはうれしいですね。

 

こどもフルーツ青汁の詳しくはこちら

 

私の一番のおすすめは子どもバナナ青汁!

ママのおすすめ

 

ここまで3つの子どもが飲める青汁をご紹介してきましたが、やはり私の一番のおすすめは子どもバナナ青汁です。
青汁は飲み続けることで子どもの健康をサポートしてくれますから、続けるためには飲みやすさ・栄養価・コスパ・安全性などがポイントになりますよね。

 

子どもバナナ青汁は、主原料の大麦若葉だけでなく、スーパーフードのスピルリナを使用し、乳酸菌・ビフィズス菌も配合されていますから、お子さんの栄養面をしっかりサポートしてくれます。

 

それだけでなく、定期コースなら初回980円、その後も1回(30包)3,700円と比較的低コストで続けられるのもうれしいですね。

 

安全面でも、品質管理のいきとどいた国内工場で製造され、人工甘味料・保存料不使用ということですから安心できます。

 

以上のような理由から総合的にみて一番のおすすめを子どもバナナ青汁にしました。

 

子どもバナナ青汁の詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓
野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】こちら